日雇いバイトの登録から単発で仕事へ入るまでの流れをわかりやすく紹介します

日雇いバイトの登録から、単発で仕事へ入るまでの流れをすべて紹介しますバイト

 

日雇いバイトへは派遣会社に登録した後ならすぐに入れる。登録した当日でも、現場に欠員が出れば働くことは可能であり、手数料を払えば仕事終わりに給料(現金)の受け取りもできる。東京や大阪、名古屋近郊であれば、8時間拘束で1万円以上稼げる日雇いバイトもある。

日雇いは通常のバイトよりもシフトは自由であり、働きたい時に働けると。ただ、働く場所は正社員やバイトが定着しないため、日雇い派遣に頼っている現場も多い。これはつまり通常のバイトよりもキツイ場所だったり、条件が悪いことを意味する。日雇いは「楽な」バイトをしたい人にはむかない。しかし、10日連続で働いて、10日連続で休むことも簡単にできる。自分の望むライフスタイルが実現しやすい働き方だと言えるだろう。

 

この記事では

▶ 日雇いバイトを始めるまでの流れ

について、派遣会社へ登録する際の注意点を含めて紹介するとともに

▶ 日雇いバイトの仕事内容
▶ 日雇いバイトをおすすめ出来る人

までを詳しく紹介していきたいと思う。

 

短期で働きたいと考えている人は下記アプリが便利なのでおすすめである。1日単位で働く現場を選べる。

>>> 登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリ

様々な現場があるので、一度やってみて自分に合った現場を探すのが良いだろう。

 

日雇いよりも高額を稼ぎ、貯金を増やしたいなら住み込み(寮付き)の仕事を選ぶべきだ。住み込みで高額を稼ぎたい人は下記サイトを参考に。

>>> 日雇いの比ではなく「稼げる」寮付きの仕事先一覧

上記サイトには女性向けの求人もある。

 

日雇いバイトの「登録」から「単発で仕事へ入る」までの流れ

日雇いバイトの「登録」から「単発で仕事へ入る」までの流れ

 

日雇い(30日以内の単発バイト)は求人上「当日すぐにお金がもらえる」「すぐに働ける」といった文言で募集している。しかし、応募してすぐに、仕事へ入れるわけではない。

仕事に入り、お金を受け取るまでの一例としては

1.求人サイト・アプリ、求人誌などで入りたい現場を探す

2.求人サイト・アプリで登録。もしくは求人誌で入りたい現場の派遣会社へ連絡する(入りたい現場が無くとも、先に派遣会社へ連絡することはできる)

3.派遣会社へ訪問し、登録作業を行う

4.指定された時刻に集合場所へ行く。もしくは直接現場(働く場所)へ行く

5.作業(仕事)が終わり、現場の責任者が承認した後、銀行口座への振込もしくは派遣会社での手渡しにより現金の受け取りが可能になる。ただし、1ヶ月「以内」の受け取りには500円以上の手数料がかかることが多い

といった流れになる。

 

日雇いバイトの有名なアルバイトアプリで現場を選ぶ場合も、

・メールアドレス
・電話番号

・プロフィール(履歴書)の入力

を行い、会員登録をする。仕事への応募には電話番号が必要になる。ショートメッセージ(SMS)の受信ができない場合はSIM、スマホの変更が必要になるだろう。通常はこの後、派遣会社へ一度直接訪れ、登録作業や面接を求められる。。

 

日雇い派遣会社での登録

派遣会社へ持っていく物としては会社による違いはあるものの

・本人確認書類(免許証など)
・印鑑
・キャッシュカード(もしくは通帳)
・マイナンバー

の4つは持って来るよう言われるだろう。マイナンバーは働き始めてからでも良い。ただ、登録時に持参した方がのちのち楽である。マイナンバーは時間のある時に予め作成しておこう。

マイナンバーカードの受け取り – マイナンバーカード総合サイト

他には「履歴書」「写真」「筆記用具」「スマートフォン」も求められることがある。登録時に必要なものの詳細は派遣会社から教えてもらえる。

 

派遣会社では登録作業だけで面接などは無い。しかし、最低限のマナーは守った方が良いだろう。あまりにも非常識な態度を取ったり、服装が派手だと、派遣会社の判断で入れる現場が制限されてしまう可能性があるからだ。

欠員が出た場合など、早ければ派遣会社に登録した当日に現場げ入れる。すぐに現場へ入りたいなら、派遣会社へ登録したときに、担当者へ入れる現場があるか尋ねてみよう。ただし、基本的には、仕事へ入れるのは翌日以降になるだろう。

派遣会社での登録作業が終わったら、メールもしくは電話にて働く現場の場所だったり、仕事時間の連絡が来る。仕事内容などは現場へ行ってから、そこで指示を受けるかと思う。

 

報酬の受取は早くて仕事が終わった「翌日」になる。また、仕事が終わってから1ヶ月以内に受け取る場合、手数料を取られるのが普通だ。日雇いという呼び名でも、基本的に給料は月末締めの翌月払いとなっている。手数料の額は派遣会社や登録した銀行によって異なる。数千円の受け取りに500円以上の手数料がかかることもあるため、すぐにお金が必要な人で無い限り、月払いにするのが普通かと思う。また、経理部が閉まっているため、土日祝日に対応していないのが普通だ。週末や休み前の現場報酬は早くても休み明け受け取りとなる。

 

ちなみに、「31日以上」同じ現場なら、こういった面倒な手続きも必要ない。派遣会社へ訪問する必要もなく、ネット上での簡単な手続きだけで済む。仕事内容の詳細も現場へ行って受けることになる。30日以内の単発バイト(日雇い)が要件においても厳しくなっているのだ。

 

フリーター、主婦、ニートは日雇いバイトができない?

30日以内の短期派遣に該当する日雇いは近年労働者派遣法の改正により制限が加わっている。

・60歳以上
・学生
・副業(メインの収入が年収500万以上)
・主たる生計者ではない(世帯収入が500万以上) 

いずれかに該当しなければ働けない。つまり、60歳以上や学生でない限り、年収500万円以上の世帯にいる人でないと日雇い労働ができない。再度強調するが、年収500万円「以下」ではなく「以上」である。主たる生計者ではない人、例えば、主婦も旦那さんが年収500万円以上を稼いでいなければ日雇いバイト(30日以内の短期派遣)ができない。

 

今まで可能だった住所不定の「ネカフェ難民」とも呼ばれる若者だけでなく、普通のフリーターや世帯年収の低い自営業者、主婦も、こうした日払いのバイトを行う要件は満たしていないだろう。法律改正は正規雇用や長期のアルバイトで働くのを促す狙いがあったのだろう。

ただ、あくまでも法律上このような決まりがあるだけだ。嘘を付いて働いたからといえど刑事罰はもちろんない。実際は学生でない20、30代の若者、40以上60以下の中高年も年収が500万円に満たなくとも、年収500万円以上と申告して働いている。年収の申請やメインの収入は派遣会社へ訪問した時に申告が必要ではある。しかし、確定申告書など年収を証明するような書類の提出は必須ではなく、あくまで自己申告(書面への記入)で良い。派遣法が改正されてからも、年収の低い人が短期で多く働いているのが現状なのだ。

日雇い派遣会社も厳格に年収500万円以上と限定してしまえば、派遣できる人材の確保も十分にできなくなるだろう。なぜなら、年収500万円以上稼いでいる人で日払いの単発バイトを行いたい人は数としてかなり少ないからだ。この条件で厳密に人材を絞れるほどの余裕はどこの派遣会社にも無い。

 

住所にかんしては免許証等で厳しくチェックされる。身分確認もなければ派遣会社への登録も不要、当日現金払いの場所は西成の日雇いぐらいしかない。最近も身分を明かせない人、ネットカフェ難民等などは西成の日雇いで働いている。

西成(あいりん地区)における日雇いも選択肢に入れるべき理由
 西成、特に北部に位置する「あいりん地区」は大阪人でもあまり近づかないようにしているエリアだ。大阪でなくとも関西人の多くは「西成」「あいりん」を知っている。関西人でなくとも、聞いたことならあるかもしれない。 西成は大阪市にある区の1つである

 

日払い、短期バイトの仕事にはどういったものがあるか?

日払い、短期バイトの仕事にはどういったものがあるか?

 

日払いバイトとしては一時的、もしくは急な作業で人が必要となる

・イベント・キャンペーンの運営や設営
・コンパニオン
・大規模な事務所の移転、引っ越し
・倉庫でのピッキング
・各種工場作業

などがある。派遣会社によるものの、東京はイベント関連の日雇いが多い。

 

また、長期で続ける人がいない、すぐに人が辞めてしまう現場も多い。こういった現場としては場所にもよるが、

・ファーストフード店やコンビニ弁当などの食品工場

がある。

食品工場は単調な割に仕事が大変で、長期で働いている人も主婦や外国人留学生がほとんどを占めている。日本人の多くは日払いか、短期でしか働いていない。

 

基本的に日雇いバイトで楽な現場を期待してはいけない。急なキャッシュが必要な場合や長期で働くことが難しい場合を除き、なるべくならば、どこか長期でアルバイトとして働いたほうが良いだろう。精神的、肉体的に楽なバイトを探している人は下記記事を参考に。

精神的、肉体的に楽なバイトをおすすめ順で紹介したいと思う
楽なバイトにおける「楽」の基準は人によって異なるだろう。接客が苦手だったり、対人関係にストレスを感じる人は精神的な部分で楽なバイトを求めるはずだ。また、精神的な部分よりも、バイトで肉体的に疲労することを避けたい人もいる。肉体的に楽なバイトに

日雇いも希望すれば同じ現場で働ける。自分に合った現場があるなら、毎回そこだけを希望することもできる。ただ、現場の人数にも限りがある。毎日働きたいなら、複数の現場になるのが普通である。

 

日雇いバイトをおすすめできる人

日雇いバイトをおすすめできる人

 

日雇いは一般的なバイトに比べ、給料が高くない割に大変が仕事が多い。また、長期で行いたいと思えるようなやりがいのあるものもほとんど無い。ただ、上でも述べたように、働く日数や現場を普通のバイトに比べてもかなり柔軟に決めれる。

会社員はもちろん、通常のアルバイトも簡単に仕事を辞めれないだろう。辞めるまでには気を使ったりと、エネルギーを使うのが普通だ。自己都合で辞める場合でも、送別会が行われるのを苦痛に思う人も多いだろう。

日雇いバイトは辞めるという手続きが基本的にはない。派遣元へ登録を削除してほしいという要望だけである。仕事に入りたくない場合も、派遣会社からの依頼も断れば良いだけだ。基本的に稼ぎたい時だけこちらのペースでバイトに入ることができる。現場も選べるため、面倒な人付き合いもほとんど無い。

 

日雇いというとニュースなどの報道を見てもネガティブなイメージしか持っていないかもしれない。しかし、仕事を自分の望むライフスタイルに合わせることができる日本では数少ない働き方だと個人的には思っている。お金が足りなくなった分だけ月に数回入る人もいれば、日雇いを主な収入にし、10日連続で働き、10日連続の休みを取得して趣味や旅行、夢のための時間に費やしている人もいる。アルバイトではなかなかこうしたまとまった休みを取りづらい。副収入のほしいフリーランスやサラリーマンの他、柔軟に働く日、休む日を決めたい人に日雇いという働き方はおすすめである。

 

日雇いに興味のある人は仕事をネット上で選べるアプリへの登録から始めて見よう。日雇いアプリでは下記アプリが便利なのでおすすめである。1日単位で働く現場を選べる。

>>> 登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリ

様々な現場があるので、一度やってみて自分に合った現場を探すのが良いだろう。現場の選択肢も多いので、自分に合った現場を見つけられるかもしれない。

 

日雇いよりも高額を稼ぎ、貯金を増やしたいなら住み込み(寮付き)の仕事を選ぶべきだ。住み込みで高額を稼ぎたい人は下記サイトを参考に。

>>> 日雇いの比ではなく「稼げる」寮付きの仕事先一覧

上記サイトには女性向けの求人もある。

タイトルとURLをコピーしました