高校生におすすめのバイトだけをまとめて紹介したいと思う

高校生におすすめのバイトだけをまとめて紹介したいと思うバイト

 

高校生は22時までしか働けなかったり、親や学校の許可が必要だったりとさまざまな制限が存在している。こういった制限から、高校生ができるバイトも限定されてしまう。

高校生歓迎のバイトも、実際に採用するのは高校生以外の方が多い。それでもバイトをしたいなら、高校生は受かりやすいバイトを含むおすすめのバイトは知っておいた方が良いだろう。

 

この記事では地域限定、短期限定のものではない、全国的に可能なバイトの中で

▶ 高校生へおすすめできるバイト

▶ 高校生向けバイトの求人を探す方法

とともに詳しく紹介していきたいと思う。

 

「高校生可」のバイト求人が多いのは下記サイトである。

>>> 高校生可のバイトを多く紹介する求人サイト
※現在は新型コロナウイルスの影響で、バイトの求人がかなり少なくなっている。

上記リンクをクリックし勤務地を選択する。もちろん、広範囲にした方が選択肢は多くなる。

 

求人検索で高校生可のバイトを探す場合は「高校生」などのキーワードで検索してみよう。

バイトのキーワード検索
都道府県を選択後の画面。右側に表示される「一発検索」のキーワードに「高校生」と入力し、下部の絞り込みボタンを押す。

 

高校生可のバイト
検索結果には「高校生OK」などの文字が表記されている求人のみ表示される。仕事内容や勤務地、勤務時間を見て興味のあるところへ応募してみよう。

 

高校生が面接前に行うべき対策については下記記事を参考に。

高校生がバイトの面接で採用されるために行うべき対策
高校生がバイトの面接に受かりにくい理由としては ・働ける時間が限定されている ・高校卒業前、卒業後に環境が変化する ・未経験者が多い 以上の3点が主にあげられる。 高校生は平日が15時以降、夜は22時ま...

 

高校生におすすめのバイト

高校生におすすめのバイト

 

高校生に人気のバイト先としてはコンビニ、飲食店が多い。高校生は大学生やフリーターに比べ、時間的、場所的な制限を受ける。バイト先も家からすぐに通える位置になければならず、近場にあるようなコンビニ、飲食店が多くなる。

稼げるバイトだったり、短期バイトもおすすめできるものはたくさんある。しかし、採用されやすいといった現実的な部分で限られてしまうのは事実だ。

 

こうした特徴を踏まえた上で高校生におすすめのバイトを紹介すると

1.ガソリンスタンド
2.コンビニ
3.ピッキング
4.スーパーマーケット
5.飲食店

以上のようになる。

これらバイトをおすすめ順に紹介していきたいと思う。

 

1.ガソリンスタンド

セルフ ガソリンスタンド
simple.wikipedia.org

 

高校生のバイトの中で、ガソリンスタンドは定番のバイトの1つになる。ガソリンスタンドは日本中にあり、高校生でも比較的採用されやすい。また、仕事で覚えることも少なく、マニュアル化されているため、接客業の中でも簡単な仕事といえる。シフトについても、学校が終わった後や土日に入れるため、長時間働ける(=稼げる)バイトにもなる。

 

ガソリンスタンドのバイト仲間には車が好きな人が多い。先輩たちと車やバイクの専門的な話をすることが多くなるため、車の知識も磨けるだろう。

また、「危険物取扱者の乙種4類」の資格を持っていると時給も上がる。乙4は1ヶ月程度の勉強で取得も可能である。ガソリンスタンドバイトに興味があるなら高校生でも乙4の取得を考えるべきだ。

 

ガソリンスタンドバイトの経験や「危険物取扱者の乙種4類」の資格は楽で高額稼げるバイトとしても有名な「セルフスタンドのバイト」をする際にも有利だ。

東京で面接に受かりやすい稼げるバイトを紹介します
この記事では東京で広く募集がなされているような現実的なバイトを紹介していく。求人が少なかったり、特殊ではない、多くの人が面接でも受かりやすいバイトである。 基本的に、時給の高いバイトでは求められるものが多い。体力的、精神的な負...

セルフスタンドは24時間営業で、深夜も働ける人が必要になる。そのため高校生では難しい。ただ、高校を卒業してからも継続的に働けるなら考えても良いだろう。

 

ガソリンスタンドバイトの悪い点は主に、外での仕事である点から生じる。夏場と冬場は十分な対策が必要だろう。気温や天候による影響をもろに受けるからだ。雨の日だけでなく、真夏日や雪の日でも休みになることはない。

 

高校生歓迎のガソリンスタンドバイトに興味のある人は下記ページへ飛び、エリアを選択してから「ガソリンスタンド」のフリーワードで検索してみよう。時給、勤務時間については当然店舗ごとに違いがある。

>>> 高校生向けの求人が多数紹介されているサイト

上記ページでは関東や関西など、地域ごとにカテゴリー分けされている。地域を絞ってから更に職種などの絞込をかけて検索してみよう。

 

2.コンビニ

コンビニのバイト
www.flickr.com

 

コンビニバイトは採用されやすさだったり、気軽さからすると、高校生向けのおすすめバイトになる。初めてのバイトがコンビニバイトという人も多いだろう。友人の中にも、数人は働いている人がいるはずだ。コンビニは日本中どこでもあるため仕事も見つけやすい。

コンビニバイトでの仕事としてはレジ打ち、商品の在庫管理、品出し、清掃、宅配業務がある。お客さんに聞かれた時のため、専用端末での各種支払、コピー、FAXなどの複合機の操作方法も覚えておかなければならない。仕事は誰でもできるようにマニュアル化されているため、高校生でも取り組みやすいだろう。

シフトについては、営業時間が24時間と長い店舗が多いため、学校が終わった後の帰りや、土日などの希望する時間に入れる。コンビニバイトはとにかく人が不足している。平日は夕方前後と、高校生は働くことができる時間が短いとは言え重宝されてる。

 

コンビニバイトの良い点として、賞味期限切れのパン、サンドイッチ、弁当、スイーツなどがもらえる店舗もある。バイトをする高校生の中には、実家の生活費を補助する目的の人もいるだろう。廃棄食品をもらえるなら、家の食費を浮かせられるはずだ。ただし、厳格なオーナーの場合、バイトには配られず、完全廃棄で対応している。

茶髪・ピアスなど身だしなみについてもオーナーによる。飲食店に比べるとゆるい店舗が多い。こういう部分でオシャレをしたい人には嬉しいだろう。

 

悪い点はやはり接客業という点から生じることが多い。レジ対応だけでなく、販売した食品のクレームも来るため、その対応で精神的に疲れることもある。エリアによってはお酒を飲んだお客さんが多く来店するため、面倒なことも増えるだろう。ただし、基本的に、クレーム対応は店長か高校生以外のベテランが処理してくれる。自分一人だけが責められるといったストレスはほぼ無い。

>>> 高校生向けの求人が多数紹介されているサイト

 

3.ピッキング

ピッキング バイトの良い点、悪い点。どんな人におすすめのバイトか?

 

都会に住んでいたり、家の近くに物流の倉庫がある場合は、ピッキングバイトがおすすめである。短期で働く人が多いことからもわかるように、他のバイトに比べると覚えることが非常に少ない。頭を使うような作業も少ないので、無意識に作業を進められる。

主な作業に、ピッキング・検品・梱包・仕分けがある。ピッキング担当が特に楽である。シフトについて、高校生なら土日を中心に入れる。

 

ピッキングバイトの良い点として、場所によっては倉庫内の品物を割引で購入できるといったことがあげられる。たとえば、アパレル関係の倉庫なら、安くブランド物の服を購入できる。ファッションが好きな高校生にとっては嬉しいだろう。

悪い点としては、長時間連続して単調な作業をしなくてはならない点がある。人によっては、肉体的な部分でキツく感じる人もいるかもしれない。

 

ピッキング バイトは長期のバイトか短期の日雇いで始められる。

長期バイトでピッキングをやりたい人は下記サイトで探すのがおすすめである。

>>> ピッキングの求人が多いサイト

上記リンクをクリックし勤務地を選択する。もちろん、広範囲にした方が選択肢は多くなる。

求人検索でピッキングバイトの求人を探す場合は「ピッキング」「倉庫」「軽作業」「物流」などのキーワードで検索してみよう。

バイトのキーワード検索
都道府県を選択後の画面。右側に表示される「一発検索」のキーワードに「ピッキング」「倉庫」「軽作業」「物流」などと入力し、下部の絞り込みボタンを押す。求人数が多すぎるならエリアを絞ったほうが良いだろう。

 

短期で働きたいと考えている人は下記アプリが便利なのでおすすめである。1日単位で働く現場を選べる。

>>> 登録3分!履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリ
※現在は新型コロナウイルスの影響で、バイトの求人がかなり少なくなっている。

ピッキングの現場も様々である。一度やってみて自分に合った現場を探してみても良いだろう。

 

ピッキングバイトの仕事内容だったり、時給などより詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

ピッキング バイトの良い点、悪い点。どんな人におすすめのバイトか説明します
昨今はネット中心の消費が増えているため、ピッキングバイトの求人が増えている。バイトを探している過程で目に付き、ピッキングのバイトが気になっている人も多いだろう。 この記事ではピッキング バイトに興味を持っている人に向け...

 

4.スーパーマーケット

スーパーマーケット

 

スーパーマーケットのバイトも高校生にとっては定番のバイトである。家の近くで営業していたり、学校の帰りにスーパーの前を通る人もいるだろう。

主な作業はレジ打ち、商品の在庫管理、品出し、清掃などがある。

シフトについては、学校が終わった後の帰りや、土日に入れるため、長時間働きやすい。

 

スーパーマーケットバイトの良い点はコンビニと同様に廃棄の食品をもらえるところである。もちろん、これもコンビニと同じで店舗による。大手のスーパーほど、廃棄管理をきちんとしているため、廃棄食品をもらえない店舗が多い。

悪い点については、これも接客業から生じる部分が多い。客への対応で精神的に疲れることがあるかもしれない。スーパーマーケットのバイトで良くあるクレームとしては釣り銭の間違いやレジの並び順について、客同士の喧嘩があげられる。クレーム含む客への対応については研修で説明を受けたりもできるので、事前に確認しておくと良いだろう。

>>> 高校生向けの求人が多数紹介されているサイト

 

5.飲食店

飲食店バイト

 

ファーストフード、ファミレス、ラーメン屋などの飲食店も定番のバイト先になる。バイト求人サイトを見ても、近場で高校生バイト歓迎の求人を出している飲食店はいくつもあるはずだ。

マクドナルドのような大手チェーン店も高校生のバイト先としては定番の1つだ。マクドナルドは高校生に向けたマニュアルも用意されているため、働きやすくなっている。個人で経営している飲食店は経営者次第な部分も多く、マニュアルもしっかりしていないため、仕事では柔軟な対応が求められる。

シフトについては、学校が終わった後や土日が主になるだろう。お酒を提供する居酒屋のような店でも22時まで働ける。家の近くなら長時間働きやすいだろう。

 

飲食店バイトの良い点として、食事が割引もしくは無料で食べれる点があげられる。店によっては豪華な食事(まかない飯)が用意されており、食費も抑えられる。

悪い点としてはクレーム対応や時間によってはかなり忙しくなる点がある。注文を間違えたり、料理の提供が遅れているとき、バイトでもクレーム対応はしなければならない。慣れないうちはこうしたクレームや忙しさに疲弊してしまうはずだ。肉体的な部分では問題なくとも、精神的にキツいと感じることが多々出てくるだろう。

>>> 高校生向けの求人が多数紹介されているサイト

 

高校生向けバイトの求人を探す方法

高校生向けのバイトの求人を探す方法

 

高校生向け求人の紹介は様々な媒体でなされている。「高校生可」のバイト求人が多いのは下記サイトである。

>>> 高校生可のバイトを多く紹介する求人サイト
※現在は新型コロナウイルスの影響で、バイトの求人がかなり少なくなっている。

上記リンクをクリックし勤務地を選択する。もちろん、広範囲にした方が選択肢は多くなる。

 

求人検索で高校生可のバイトを探す場合は「高校生」などのキーワードで検索してみよう。

バイトのキーワード検索
都道府県を選択後の画面。右側に表示される「一発検索」のキーワードに「高校生」と入力し、下部の絞り込みボタンを押す。

 

高校生可のバイト
検索結果で「高校生OK」などの文字が表記されている。仕事内容や勤務地、勤務時間を見て興味のあるところへ応募してみよう。

 

学校でバイトが禁止されている場合の対処法、親の許可は必要か?など、高校生がバイトをする前に知っておくべきルールについて詳しく知りたい人は下記ページを参考に。

高校生がバイトをする前に知っておくべきルール【学校でバイトが禁止されている場合の対処法、親の許可は必要か?】
高校生は22時までしか働けなかったり、親や学校の許可が必要だったりと、大学生やフリーターに比べ、バイトにおいては制限が存在している。しかし、学校がバイトを禁止している場合でも、家庭の事情を保護者(親)が説明すれば許可してくれるのが普...

せっかく採用されても、雇用先が「ブラック」だったというのは十分にあり得る。知識や経験の無さで搾取されないためにも、上記ページに記載している対策は頭へ入れておくべきだ。

 

高校生でも大学へ入学する前、もしくは大学進学が決まってるなら、大学生向けのおすすめバイトも検討すべきだ。大学生におすすめのバイトについては下記記事を参考に。

ページが見つかりませんでした – トラベル・バイト・ライファー
タイトルとURLをコピーしました