セミリタイア生活を実現・維持するための条件を紹介します

セミリタイア生活を「本気」で実現・維持ための条件を紹介します節約

 

セミリタイアとは、完全にリタイアしないまでもリタイアに近い生活を送ることをいう。

収入を得るために仕事はする。しかし、フルタイム労働ではなく、仕事「量」を抑えた生活を送る。早期退職(アーリーリタイア)後の「生活」を強調して使われることも多い。

 

セミリタイアの中心は30代から50代で、生活拠点を日本の都会から田舎、もしくは物価の安い海外へ移し、労働や投資、権利収入などで収入を得たり、貯金を切り崩しながら生活している。

海外で就労していなかったり、貯金の無い人でも、1年に何度か日本へ帰って短期バイトをすれば良いし、最近ではネットで完結する仕事も増えている。したがって、ネットを使い、若いうちから海外でセミリタイア同様の生活を送る人もいる。クラウドソーシングサイトなどで仕事を受注し、自宅・オフィス、国外・海外など、場所に縛られずに稼げるようになっているのだ。

 

この記事ではセミリタイアを実現・維持するために知っておくべき条件として

▶ セミリタイア生活の維持に必要な資金

から

▶ セミリタイアを実現・維持するための条件

についても詳しく述べていきたいと思う。

 

セミリタイア生活の維持に必要な資金

セミリタイア維持に必要な資金

 

セミリタイアの実現自体は簡単である。しかし、セミリタイアを実現した後、セミリタイア生活を続けるのは難しい。実際、セミリタイアを止め、フルタイム労働の生活に戻る人も多く存在している。

理由として「セミリタイア生活が馴染まなかった」のほかに、ビジネスや投資の失敗を含めほとんどが資金(お金)の問題でセミリタイアを止めている。

 

完全リタイア後(老後)に「収入を得ず」暮らすとなると、貯金を切り崩しての生活になるだろう。

貯金だけで生活する場合は

1年の支出✕リタイア後に暮らす年数

のお金が必要になる。

セミリタイア後の老後を考えるなら、20年は働かずに暮らせるだけの資金や収入をセミリタイア中も含めて用意した方が良い。年金を払わず、老後ももらえない状態では月の支出が20万円だと年240万円、20年だと4800万円が必要になる。十分な額の年金をもらえるなら、この資金はもっと少なくなる。日本政府の試算では2000万円とも言われている。

いざという時には生活保護があるものの、ある程度自由に使えるまとまったお金は用意しておくべきだ。

 

セミリタイア後、一定の収入が確保できている場合も、毎月の支出はある程度抑えた方が良いだろう。なぜなら、支出が少なければ少ないほど、セミリタイア生活の維持も容易になるからだ。セミリタイア生活に必要な資金を稼ぐにしても、20万円より10万円の方が楽だろう。

日本でセミリタイアするなら月10万円の支出でもある程度楽しく生活できる。10万円で楽しく生活する方法や予算配分については下記記事を参考に。

月10万円で楽しく生活する方法について具体的な費用も含めて紹介します
「月10万円の収入があり固定費、食費を抑えれば2ヶ月に1回海外旅行にも行ける。」 もちろん、全ての人がこうしたコストを抑えた生活が可能だとは思わない。それでも難易度は高くないかと思う。多くの人にとって実現可能なライフス...

現在日本に住んでいる人が日本でセミリタイア生活を送るなら、支出の予測もある程度はできるだろう。しかし、海外で生活する場合、それが物価の安い海外でも支出が抑えられるとは限らない。

 

海外でセミリタイアする場合の注意点

タイ・バンコクのカオサン通り
タイのカオサン通り。バックパッカーが低予算で長期滞在する外国人も多いエリア。

 

物価の安い海外、たとえば、タイもセミリタイア先として人気である。日本よりも物価が安いため、現地の人と同じような生活ができれば日本よりもコストは抑えられる。しかし、日本人だと、日本よりも支出が増える人はたくさんいる。

物価の安い海外で支出が増えるかどうかは実際に長期間住まなければわからない。たとえば、タイ料理が嫌いではない人も、日本人なら頻繁に和食は食べたくなるはずだ。日本育ちの日本人は多くがそうだろう。現地へ長期滞在すると、日本より値段が高くとも和食屋に通ってしまう人がでてくる。また、安いという理由で、日本よりも外食、夜遊びを頻繁にすれば支出は増えるだろう。

 

毎月一定の収入がありそれで生活している人は収入の範囲内で制限が効く場合が多い。余分な資金がなければ、夜の誘惑が多くても耐えるしかないからだ。しかし、十分な貯金を持って生活している人はその余裕が使い過ぎの危険をもたらす。使える資金がある人ほど、きちんと出費のコントロールをしないと無駄遣いをしやすくなるのだ。タイでは月5万円以下で生活している人が大多数だから、自分も大丈夫とは言えない。

 

海外でセミリタイアするにも、移住前に何度かプチ移住でもして「毎月の支出はいくらまで抑えられるか?」「計画的な支出ができるか?」を試した上で本格的な実行をした方が良いだろう。

 

タイでの仕事やビザ、費用(バンコクでの物価)については下記記事を参考に。

バンコク移住で失敗しないために知っておくべき仕事や費用などについて紹介します
バンコクの物価は東京を越えたとも言われる。しかし、現地に暮らしてみれば、まだまだ安いことがわかる。特に、家賃や交通費はその差が明確である。バンコクでも郊外に出れば2万円弱の家はいくらでもあるし、タクシー代も初乗りで35バーツ(約117円)、

 

セミリタイア生活を実現・維持するための条件

セミリタイアを実現・維持するための条件

 

セミリタイアを実現・維持するために、出費に対して十分な

1.資産
2.収入(仕事)

いずれかを確保しなければならない。

十分な資金がない場合は労働収入などを得なければならない。

 

セミリタイア後の収入(仕事)

セミリタイアのタイプとしては主に

1.不動産や株を所有し、家賃収入、配当収入等を得ながら海外で暮らす
2.ネットで稼ぎながら生活する
3.貯金を切り崩しながら生活し、資金が底を付いたら日本へ帰り短期労働をする

以上の3つへ分けられる。

 

不動産を購入するなどすれば家賃収入など一定の収入があるだろう。サラリーマンを継続している人ならローンで不動産を購入し、家賃収入とローン返済の差額(利益)で暮らせる。ただし、ローンによる不動産購入は当然リスクもある。大きな負債を抱え、セミリタイアを遠ざける結果も招きかねない。空室リスクや家賃相場を考えた上での利回り計算など、十分な検討は必須になる。

 

十分な資産が無く、ローンも組めない人は「ネット」「短期労働」で働くのが現実的なセミリタイア手段となる。インターネット環境があればどこにいてもできる「在宅ワーク」で十分な収入を作れるなら、セミリタイアも容易になるだろう。会社員をしながら、在宅ワークである程度の収入を作っておけば資産も作れる上、セミリタイア後の収入源の確保もできる。

在宅ワークに興味のある人は下記記事も必読である。

フリーターが在宅ワークを比較する際に知っておくべきこと
在宅ワークの利点は1.バイト感覚で気軽に稼げる2.インターネット環境があるところなら、自宅はもちろん、どこでも仕事ができるという点だろう。最近は在宅ワークを副業ではなく、本業にしている人も増えている。現在の収入では足りなかったり、セミリタイ

 

こうした在宅ワークはセミリタイアを実行しないにしろ、興味がある人は早めに始めるべきだ。現在は場所に縛られないで稼ぐ手段が増えている。セミリタイア前に需要のあるスキルを身に付けるのも、セミリタイア後に余裕を生む1つの手段になるだろう。

どんな案件があり、どのぐらいの報酬を得られるのかを知りたい人は大手クラウドソーシングサイトに登録しておくべきだ。登録自体は数分程度で登録できる。早いうちからどんな案件がどのぐらいの単価で出ているかをチェックする癖を付けたほうが良い。

>>> 大手クラウドソーシングサイト

案件を見ながら、セミリタイアのために身につけるべきスキルを決めても良いだろう。

 

ネットで十分に稼ぐスキルの無い人でも、日雇いバイトであれば、いつでも好きな時に労働をお金に変えれる。

日雇いバイトの登録から単発で仕事へ入るまでの流れをわかりやすく紹介します
日雇いバイトへは派遣会社に登録した後ならすぐに入れる。登録した当日でも、現場に欠員が出れば働くことは可能であり、手数料を払えば仕事終わりに給料(現金)の受け取りもできる。東京や大阪、名古屋近郊であれば、8時間拘束で1万円以上稼げる日...

 

日雇いバイトは稼ぐ手段および時間を作る手段としてもっとも「確実」な方法である。決して楽ではないものの、専門スキルのない人がセミリタイア生活を実現したいなら、こうした「誰でも」「好きな時に」稼げる短期バイトも行う必要がある。

 

もちろん、いくつかの収入と組み合わせ、目標金額の達成を目指しても良いだろう。

 

セミリタイア生活の維持で重要な資産、収入以外の要素

パタヤでのセミリタイア生活
観光地パタヤでも比較的物価の安いエリア。マッサージ屋やバー、アパートが多く、昼間からビールを飲む欧米人などのセミリタイア者は多い。

 

資金の問題をクリアしたとしても、長期で海外に住んだことの無い人がいきなり外国へ本格移住するのはおすすめできない。言葉の問題はもちろんのこと、生活や食事、マナーや文化など長期滞在すれば新たなストレスも発生するだろう。現地で就労した人、現地の人と付き合ったり、結婚した人もこれらで苦労し、後悔している人もいる。

 

日本で会社員やフリーター生活をすればたしかにストレスを感じるだろう。しかし、生活だけする、サービスを一方的に受ける側で生活すれば日本という国は海外よりも居心地が良いと思う。公共のマナーもそうだし、サービスを受ける側になると生活でストレスを感じることもほとんど無くなるだろう。海外には日本にはない魅力がたくさんある。しかし、日本人にとっては必ずしも海外が日本より住みやすいわけではないのだ。

 

十分な資産、収入確保だけがセミリタイアの条件ではない。将来に渡り、その場所でそのライフスタイルを維持できるかも重要な要素なのだ。

タイトルとURLをコピーしました