ブラック企業を辞めるには退職代行が良い理由

ブラック企業を辞めるには退職代行が良い理由仕事

 

近年、退職代行サービスの需要が増えている。

退職代行サービスとは

1.会社を辞めたい当事者に代わって、退職までの手続きを代行してくれるサービス
2.退職代行業者に頼めば、退職のための出社だけでなく、会社へ電話もしなくて良い
3.有給消化だけでなく、未払残業代の請求、社宅に住んでいた場合の退去日まで調整してくれる

これらの特徴からブラック企業を辞めたい場合や上司とも会話せずに辞めたい人が利用するのに最適だとわかるだろう。辞める意思を伝えても辞めさせてくれない場合はもちろん、辞めるまでの手続きが面倒だったり、上司に辞めることを伝えづらい場合も、本人に代わって退職までの代行をしてくれるのだ。

 

退職代行費用はサービスを提供する会社によって異なっている。この退職代行会社ならアルバイトは3万円、正社員でも5万円で受け持ってくれる。ブラック企業に限らず、退職の意志を伝えずらい人はこうした代行業者を利用すべきだ。

>>> 【電話不要】メールやLINEで退職代行の申し込みができる会社【1回3万円から】

 

ブラック企業を辞めたい人は多い

ブラック企業を辞めたい人は多い

 

日本では会社を辞めたいと思いながらも転職もせず、同じ職場で働いている人が多い。良く言えば責任感が強いとも言える。ただ、こうした責任感が本人を苦しめているケースは多々あるはずだ。

ブラック企業は日本だけでなく海外にも当然存在している。しかし、海外なら、給料が低かったり、仕事内容に満足できなければ人は簡単に辞めていく。日本で良くあるようなブラック企業は自然と淘汰される環境にある。

 

奴隷でも無い限り、会社を辞めたい意思を縛ることはできない。しかし、ブラック企業は辞めるという行動もスムーズにはいかない。退職を拒否したり、拒否できないような責任を負わせたりするからだ。辞めようと思っても途中で心が折れ、続けざるを得ない人も出てくる。日本では会社を辞めにくい環境がブラック企業を存続させていると言えるだろう。

 

退職代行が流行ると起こりうること

退職代行が流行ると起こりうること
twitter.com

 

退職代行を使えば、会社を辞める際に生じるコストは少なくなるだろう。会社を辞める際のコストが少なくなると、ブラック企業のコストほど膨らんでいく。日本は少子化で人材確保が難しくなっているからだ。コストがかさめば、組織として解体になるか、従業員に対しメリットのある方向へ大きく方針を変えざるを得ない。いずれにせよ、ブラック企業は少なくなっていくはずだ。

 

退職代行を利用せずに辞める場合

会社を辞める意思を人事に伝えても上司と面談するように求められるはずだ。上司や職場環境が原因で会社を辞めたい場合、この対面で退職の意思を伝えようとするだけでも心が折れてしまうだろう。

会社へ出社せず、電話などで辞めるという意思を人事に伝えても、上司などから電話がかかって来たり、手続きで出社を求められたり、面倒な点は生じるだろう。辞められても、辞める意思を伝えてから退職まで数ヶ月先というのは良くあることだ。

 

いずれにせよ、退職代行サービスを利用しないと、辞める手続きの過程で心が折れてしまう人も出てくる。急に辞めれば有給消化も行ってもらえず、きちんと要求しないと働いた分の給料の支払いさえなされない可能性も出てくる。

企業側は退職を拒否できない。むしろ拒否すれば違法だ。しかし、従業員を心理的に追い詰めて、拒否に近い対応を取ってる会社は存在している。

 

退職代行サービスを利用すると?

まず、会社に出社する必要も電話する必要も無い。保険証などの返却物は本人が会社宛に郵送で送れば良く、離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類は、会社から本人宛に郵送してもらえる。家に引きこもり、退職代行業者とメッセージのやり取りをするだけで、会社をきれいに辞められるのだ。もちろん、家から離れ、退職代行業者とは旅行先でメッセージのやり取りをしても良いだろう。

有給消化だけでなく、社宅に住んでいた場合の退去日まで調整してくれる。未払いの残業代なども代わって請求してくれる。いたれりつくせりのサービスだ。

 

突然の退職は会社だけでなく同僚にも迷惑をかけるのですすめられるものではない。しかし、辞めたいのに辞めれない、また、残業代を含む、正当な報酬を受けれない可能性があるなら、こうした代行サービスの利用を積極的に検討すべきだ。

代行業者に払う費用は正社員かバイトといった立場にもよる。正社員なら5万円で退職代行を行ってもらえ、未払金の請求まで20%の手数料で行ってもらえる。有給だけでなく残業代の回収もできるなら、代行業者に払う費用よりも多く回収できる。

>>> 【電話不要】メールやLINEで退職代行の申し込みができる会社【1回3万円から】

 

「退職代行サービス」で無事?退職できたアカウントの話
まとめました。 更新日:7月13日16時36分

上記は退職代行サービスを利用した人のレポートである。大手外食チェーン店に勤めており、朝5半出勤で夜中の2時まで働いていた。仕事を辞めるのに医者からの診断書を要求された同期もいたとのことだ。これは精神疾患でないと仕事を辞めさせてもらえないといった意思表示に近い。手取り20万円が10万円に減ったことから退職代行サービスを利用しての退職を決意した。

 

仕事を辞める手段だけでなく、辞めてからも仕事をなるべくしないで生きていきたい人は下記記事を参考に。

仕事へ行きたくない人が嫌なことをせず生きていく方法
新しい仕事へ就いて、すぐに辞めるのは辞めグセがついてしまうためおすすめできない。ただ、仕事へ行きたくないという感情を持ちながら「長期」で仕事をするのは精神衛生上良くないだろう。したがって、仕事へ行きたくないと思った時から、仕事を辞める準備を
タイトルとURLをコピーしました